News長期使用製品安全点検制度に便乗した詐欺にご注意下さい。

sankyo-news

長期使用製品安全点検制度に便乗した詐欺にご注意下さい。

 製品を長期間使用すると、部品などの劣化(経年劣化)により、火災や死亡事故などを起こすおそれがあります。そこで、平成21年(2009年)4月から、「長期使用製品安全点検制度」が設けられています。

この制度は、長期間使用する製品(特定保守製品)について、経年劣化による製品事故を防ぐため、製品を購入した所有者に対して、メーカーや輸入業者から点検時期をお知らせし、点検(有料)を受けていただくことで、火災などの事故を防止するための制度です。販売業者等は購入者に、点検を受けるための登録の内容を含めた説明義務がありますので必ず説明を受けてください。

対象となる特定保守製品は、(1)石油給湯機(2)石油ふろがま(3)FF式石油温風暖房機(4)浴室用電気乾燥機(5)ビルトイン式電気食器洗機(6)屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用・LPガス用)(7)屋内式ガスふろがま(都市ガス用・LPガス用)です。(平成21年(2009年)4月1日以降に製造・輸入された製品が対象となります)

特定保守製品は、安全に使う目安となる設計上の「標準使用期間」を設けています。制度が導入されたころに所有者登録をされた方には点検通知が届き始めています。通知が届いたら安全のため、異常がなくてもメーカーに連絡をして点検(有料)を受ける事をおすすめしています。

 この制度を悪用して、経済産業省が発行したかのようなハガキがお手元に届いたというお客様がいらっしゃいました。

メーカーからのハガキ連絡はございますが、経済産業省からこの点検制度についてハガキが届くことはございませんのでご注意下さい。

-sankyo-news

関連記事

タブチキヨシさんのこと

  5月23日山京建設にタブチキヨシさんが来てくださいました。タブチキヨシさんは『最高にハッピーな間取り』という本をだされています。この本の最初に書かれている言葉が”日本中を最高にハッピーな …

つなぐ 3号

つなぐ3号が完成しました。 待ち遠しかった桜の開花、やっと咲きましたね。 最近は寒暖の差があって、少し寒かったりというお天気ですがお花見楽しみましょう! 次回は夏頃の発行を予定しております。&nbsp …

2018年度 ZEHビルダー実績報告

 2018年度の山京建設のZEH建設の実績報告は以下の通りです。 今後も、良い住宅の普及に向けて前進していきます!

つなぐ 2号

つなぐ2号が完成しました。 今回はカレンダーをお届けしたくて12月の発行にしました。 次回は春頃の発行を予定しております。  詳しくはコチラ

つなぐ 1号

山京建設の広報誌 『つなぐ』が完成しました。 年4回の発行を予定しています。 毎回色々な情報をお伝えしていきます。  詳しくはコチラ