SANKYO MODEL
「快適×低燃費」

「快適×低燃費」

Comfortable
low fuel consumption
「明日のために、今を考えよう」

2020年、省エネルギー基準義務化に向けて低燃費な家が広がる中、山京建設は低燃費×快適な家をつくります。 せっかく建てる家だから、ずっと暖かい家を考えませんか?

自由設計

専門の設計スタッフが早い段階でお客様の要望を伺いプランニングしていきます。まずはあなたの夢をお聞かせください。

低炭素住宅

2020年に義務化となる省エネ法をクリアーした住宅となっております。東京都や神奈川県の基準である5、6地域はもちろんの事、東北地方レベルである3地域の基準もクリアーした仕様となります。高気密高断熱住宅として断熱や気密にもこだわり、全棟気密測定も行っております。

換気システム

第一種熱交換換気システムを採用しております。内外の圧力を季節によってコントロールし、快適な空気環境を一年を通じキープします。

選べる住宅設備

住宅設備メーカーは6社からご選定いただけます。(2017年12月現在)

在来進化論APS工法

従来の在来仕口にアップルピンを内蔵させるAPS工法により、躯体の断面欠損を抑え構造体の本来の強さを更に引き出します。またアップルピンが露出しないことにより、金物工法の弱点であった耐火性能の克服や気密性のアップを望むことができる、進化した工法です。

DATA
延床面積 101.85㎡ (30.75坪)+
ビルトインガレージ17.39㎡(5.25坪)
場所 神奈川県相模原市緑区
家族構成 3人 完成 2017年11月
CONCEPT
2020年、省エネルギー基準義務化に向け低燃費の家づくりを目指して造りました。性能はもとより、使用している建材や色遣いなど素材感のある建材を使用し、見て触れて暖かい家になりました。※現在はご覧になれません。